2016年06月19日

第19回鎮守の杜フェスタ

DSC_2006.JPG 
 
 第19回の鎮守の杜フェスタは、長岡京市の長岡天満宮で6月19日開催され、子供100人をふくむ約200人が参加しました。
 当日は小雨の振るあいにくのお天気でしたが、午後1時に開会し、田中理事長と長岡天満宮の中小路宮司が挨拶。その後社務所で元長岡京市教育委員会文化財係専門委員の百瀬ちどり先生による『「長岡」歴史寸話』と題する講演会があり、境内では子供を対象とした野遊び教室がひらかれ、子供たちは「日本野遊び協会」会員のご指導によって、風車作りや竹細工など昔ながらの遊びを楽しみました。


DSC_2078.JPG

そのほか、神話を題材にした「絵本ライブ」も開かれました。午後2時ごろからは、班ごとに分かれて「自然観察会」と「歴史探訪会」などのワークショップがおこなわれ、「自然観察会」では、境内の自然に触れながら新緑や生き物の観察を楽しみ、「歴史探訪会」では歴史指導員の案内で近隣の歴史スポットを散策しながら長岡京の歴史に触れて頂きました。

●DSC_2116.JPG

 閉会式では、例年のごとく「ふるさとの杜づくり宣言」を採択し、サカキとツバキの苗木が参加者一人一人に贈呈されました。

 
posted by 管理人 at 10:00| 日記